いままでテンプレートエンジンはSmarty使ってたけど、今風?にTwig使ってみた。

確かにSmartyより柔軟と言うか、素直というか。連想配列で渡した値がドットセパレータでクラスっぽくアクセスできるのは楽ではある。

{{ var }} で変数をecho、 {% %}で制御文とか変数操作とか。

なんとなく馴染めないのは’%’を多用するのがちょっと打ちなれてないのが1つ。シフト+右小指→シフト+左人差し指 の流れは、Smartyの{$~~}の一個となりなだけなのになんでこんな打ちづらいんだろな。

それと一般的なチュートリアル通りに拡張子をhtmlで作っちゃうとPHPStormのコードフォーマッティングがTwigファイルだと認識してくれなくて、補完が効かない。拡張子を.twigで作るとちゃんと補完してくれた。

.twigにしたらアイコンに草生えた。

Powered by Journey Diary.